漫画の最終回『作品名』【か行】

漫画の最終回 ネタバレ【ひどい】『孔雀王』は終わっても終わらない

更新日:

漫画の最終回 ネタバレ【ひどい】『孔雀王』は終わっても終わらない

孔雀王第一巻wikipedia

出典:wikipedia

最終回:「孔雀」(荻野真)全17巻

【あらすじ】

裏高野の退魔師・孔雀は普段は大食いでスケベな生臭坊主だが、強い法力を持ち数々の魔物を退治していた。大凶星・黄幡星の下に生まれた宿命の子である孔雀だが、自らの心に眠っていた伝説の孔雀王の力を借り黄幡星に打ち勝つ。しかし同じく黄幡星を持つ双子の姉・朋子は六道衆の手で、天蛇王として目覚めさせられようとしていた。孔雀は朋子を救うために天蛇王とかした彼女と戦う。


 

全世界の命運をかけた密教バトル

孔雀が姉・朋子とともに解脱してから2年、黄の下に阿修羅から手紙が届きました。手を休めてそれを読む黄は外におかしな気配を感じました。そこには消えたはずの朋子が倒れていました。しかし、彼女はすべての記憶を失っていました。そしてどこかで錫杖が鳴り、その音に黄は驚愕します。

 

あれから2年すっかり落ち着きを取り戻した世界にあの錫杖の音が響く

ニューヨークの裏通り、王仁丸は倒した化け物に刺さった独鈷に気づきます。錫杖の音を聞いて周囲を見回す彼は笠を被った見覚えのある姿を見ます。

再建が進む裏高野。月読は孔雀の影を求めて姿見の井戸にいました。突然井戸が崩れ転落しかけた彼女は謎の僧に救われます。月読はそれが誰だか気づき喜びの涙で瞳を潤ませます。そして慈空の寺を謎の僧が訪れます。彼は阿修羅に「髪…切ったのか」と言いました。言葉を失う阿修羅。僧が笠をとるとそこには孔雀の顔がありました。

孔雀王場面httpapplion.jp2

出典:papplion.jp

孔雀王場面httpapplion.jp

出典:papplion.jp

飛びつく阿修羅に孔雀は語ります。数ヶ月前、気がつけば朋子と一緒に元の場所にいたのだと。それからしばらくして黄の下に再び阿修羅の手紙が届きました。そこには孔雀の帰還と彼が力を失くしたことが書かれていました。黄は朋子にいつか日本に行って、会わせたい者がいる。と話します。そして穏やかな顔でその時に全てを教える。といったのでした。

孔雀は相変わらず文句を垂れ流しつつも元のボロ寺暮らしに馴染んでいました。

 

蛇足に思えるような内容ですが、孔雀と朋子が解脱したままでは、彼らを愛した人々は救われません。それまでが重いストーリーだっただけに、誰も不幸にならずに積んだことで読者も救われました。

amazon.co.jp
孔雀王はその後、続編の「孔雀王 退魔聖伝」「孔雀王 曲神紀(まがりがみき)」「孔雀王ライジング」「孔雀王-戦国転生」へと続き、いつ終わるのかは、う~ん分かりません。



-漫画の最終回『作品名』【か行】
-, , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 漫画の最終回 ネタバレ ひどい【あらすじ】や【感想】おすすめ満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。