漫画の最終回『作品名』【た行】

漫画の最終回ネタバレひどい『罪と罰』ハッピーエンドっぽくしていいの?

更新日:



罪と罰large_24712

(C)落合尚之/双葉社

漫画の最終回ネタバレひどい『罪と罰』ハッピーエンドっぽくしていいの?

 

落合尚之  漫画アクション 2007年-2011年 全10巻

 

 

大学生の「弥勒(みろく)」は援助交際をする女子高生グループの支配者「ヒカル」を殺害する。

世の中のためなら害虫は殺してもいい。

 

 

【あらすじ】

 

弥勒(みろく)は上京して大学生活を送るが、

次第に下宿先に引きこもるようになる。

 

”ある老馬が飼い主によって撲殺される。

しかし、誰も止めはしない。

「お前が気にすることない。さぁ、家に帰ろう弥勒」と声をかけられ、

父だと思い振り返ると、そこに知らない男が立っていた。”

夢だった。

 

もし、馬が馬でなかったら・・・・

弥勒は自分のある計画を

本気で遂行しようと考える。

 

2ヶ月前

ある夜、女子高生から声をかけられるが、

弥勒の無精な顔を見て逃げ出す。

 

弥勒がその女子高生をおって見ていると、

色んな親父に声をかけ回っていた。

 

そして、中年の親父とホテルに

入ろうとしたところ、

弥勒が邪魔をして、

女子高生と中年オヤジは逃げ出す。

 

 

翌日、ファースト フードチェーン店で

時間を過ごしていると、

昨夜の援助交際をしようとしていた

女子高生とそのグループが入ってくる。

 

女子高生の話を聞いていると、

援助交際をしていた女子高生であるリサは、

罪と罰1-29

twitter.comより

そのグループからイジメを受けており、

リーダーのヒカルから

援助交際も強要され

金を巻き上げられていたのだった。

 

 

挙げ句の果て、

その場にいた男性と援助交際もさせられる。

そして、ヒカルは弥勒にも援助交際の誘いをし、

連絡先を渡したのだ。

 

 

弥勒はその帰り道、橋の上で思う。

害虫・・・・・

罪と罰1-40

twitter.comより

弥勒の心の計画の種が宿ったのはこの時だった。

「害虫を一匹取り除く、むしろ世の中のためだ……!」

「崇高な目的のために流される血はあがなわれる」

罪と罰2-8

twitter.comより

弥勒はとうとう、

援助交際を強要していたグループの支配者「ヒカル」の殺害を実行した

罪と罰2-71

twitter.comより

ヒカルを殺害した直後の現場に、

立ち去ったはずの少女・リサが現れた。

結局リサも殺してしまった。

 

 

 

崇高な目的のためにあがなわれるはずの流血は、早くも弥勒の精神を蝕んでいく。

 

弥勒は幸薄い女性エチカに思いを寄せる

 

弥勒は、精神的に追い詰められ昏倒、そして長い夢を見る。

それは弥勒の性質を決定付けた、首藤との過去の夢だった。

長い夢から目覚めると病院にいた。

 

「罪と罰」を無料で立ち読み eBookJapan

 

そして「人殺し」という現実が弥勒に襲い掛かる。

罪と罰7-70

twitter.comより

弥勒はエチカに心の救済を求める。

罪と罰7-72

twitter.comより

検事・五位は事件を調べるうちにミロクを犯人と確信。

段階を踏んで追い詰めていき、

平凡な日常の素晴らしさや貴重さ、

罪と罰8-75

twitter.comより

それまでミロクが小馬鹿にしていた小市民の生き方を懸命に説いて自首を勧める。




そして首藤の魔手が薄倖のエチカに迫る。

裁弥勒は大学の先輩で英雄視する首藤とついに最終決着をつける

女社長(老婆)に性的奉仕をすることで報酬を得ていた首藤は

老婆を殺害していた。

罪と罰4-79

twitter.comより

指名手配となった首藤は警察官の前で自殺する。

罪と罰46

twitter.comより

 

弥勒は自分の弱さを認め、弱い物同士が支え合うことも認め、

考え方や理想が変化したことをはっきりと口する。

罪と罰72

twitter.comより

弥勒は罪を取り戻すべく動きだす。

五位検事の協力を確実な方法で。

自分がこそが、犯人だと明かす。

罪と罰98

twitter.comより

罪と罰111

twitter.comより

罪と罰112

twitter.comより

罪と罰121

twitter.comより

「罪と罰」を無料で立ち読み eBookJapan

 

感 想

 

引きの強い作品でした。

原作はロシアを代表する文豪ドストエフスキー。

『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』を読んだことがありますが、

プロレタリア文学とは一線を画す人間を描く作品であることは

理解できたのですが、なんせ難しい。

それを漫画で締めてくれた落合尚之先生。

テーマがテーマだけに陰鬱で重たい気配が終始つきまといます。

やっと『罪と罰』が理解できたような気になりました。

・・・でもそれなのにあのラスト,

罪を償う前に誇りや希望を持っちゃったよ。

ハッピーエンドっぽくしてもいいのかな???

「罪と罰」を無料で立ち読み eBookJapan

 



 

-漫画の最終回『作品名』【た行】
-, , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や「感想」おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。