『作家名』【た行】 漫画の最終回『作品名』【た行】

『デストロ246』漫画の最終回ネタバレひどい!そのJK凶暴につき

更新日:



デストロ246.ワイド

デストロ246より

漫画の最終回ネタバレひどい『デストロ246』そのJK凶暴につき

 

高橋慶太郎 月刊サンデージェネックス 2012年-2016年 全7巻

 

前 説

巨大外食産業「トーノフーズグループ」を経営する透野隆一、

犯罪組織によって妻子が殺された。仇を討つため南米で17歳の殺し屋の少女を購入。

東京に連れて帰り、透野藍(あい)・透野翠(すい)と名乗らせ、高校に入れた。

このふたり次々と殺し屋・暴力団を襲わせる。アサシンキラー(殺し屋殺し)だ。

主人の透野隆一も殺された。藍と翠は仇討を果たすことができるのか…?

と、大まかにはこんな感じのストーリーです。

 

 

ストーリーの基礎知識

 

タイトルの意味は

 

「デストロ246」さしずめ「国道246号線の破壊者」。

246は都内のド真ん中から静岡まで伸びるんだけど、

246と言えば通常「青山通り」を指すのが常識。

つまり、このあたりが抗争の中心地ということでしょうか。

 

 

男にとって過酷な世界

デストロ246.ポスター

デストロ246より

主人公は女の子です。敵も女の子です。

男どもはバッタバッタと沈められます。

もちょっとネバれよ男だろ!って言いたくなります。

高橋慶太郎先生はよっぽど女の子好きとみました。

徹底的に暴れまくります、狂暴です。どいつもこいつも…。

 

 

あらすじ

 

青年実業家の透野隆一は南米のマフィアから

2人の美少女殺し屋を買い付ける。

デストロ246.1-6

デストロ246より

翠と藍と名付けられた彼女たちは透野の命令で、

彼の妻子を殺した人間を狩ることに。

デストロ246.1-18

デストロ246より

だがその道行きで別の殺し屋の女子たちと出会い、

事態は思わぬ方向へ加速していくのだった…。

 

 

互いに引き寄せ合うように刃を重ね、銃弾を放ち合う。

翠、藍、伊万里、苺、蓮華、南天の6人の凶悪女子たち!

デストロ246.登場人物

デストロ246より

翠と藍は主人である透野の妻子を毒殺した人物を捜すため、

伊万里に接触する。

伊万里は毒の扱いに長けた苺の存在を仄めかすが……。

 

 

翠たちは893の娘・苺から

透野の妻子毒殺の実行犯は

沙紀という殺し屋であると告げられる。

一方、伊万里はその沙紀から命を狙われる同級生・葉子を護ることに。

 

 

透野隆一の衝撃的な死の直後、

デストロ246.4-93

デストロ246より

渋谷のど真ん中で衝突する凶悪女子たち。

伊万里の同級生・葉子を巡る一件の決着は?

暗躍を続ける沙紀、そして翠と藍を狙う新たなる刺客。

さらに南天が苺のために、ある行動を開始する。

伊万里たちの微妙な均衡がついに崩れる時がきた!?

 

 

主人を失っても復讐を続ける翠と藍の首に、

デストロ246.5-18

デストロ246より

遂に賞金がかけられた。

二人への刺客を排除する沙紀を紅雪が襲い、

更に伊万里がそれを妨害。

任務を越えた思惑が、殺し屋たちの均衡を崩し始める。

 

一方、手柄を求める蓮華は

翠・藍に遺された金に目を付けるが、

同じ狙いを持った何者かが横浜に現れた!

デストロ246」を無料で立ち読み eBookJapan

デストロ246.6-100

デストロ246より

横浜で更に力を蓄えた苺たちや、

賞金首の翠藍に手を出させたくない伊万里は、

かわりに過剰な仕事を受けた結果、

遂に後戻りのできない暴走を始める。

 

身内の洲央に、つまりは飼い主・仙崎に牙をむいた伊万里へと、

全方位から迫る刺客。その時、

残る凶悪女子たちは…彼女たちの辿り着いた場所へ、

デストロ246.ラストシーン

デストロ246より

デストロ246」を無料で立ち読み eBookJapan

 

感 想

 

大の男が小娘にボッコボコのフルボッコにされます。

デストロ246.5-65

デストロ246より

 

それも、いともたやすく。

 

デストロ246.6-100

デストロ246より

JKが特殊部隊をボコボコ!

 

デストロ246.6-102

デストロ246より

893をフルボッコ!

 

男の威厳はこの物語に存在しません。

あくまで女の子たちが中心です。

とち狂ったように暴れまくります。

シブヤのど真ん中で、横浜で(背景画は、モノクロコピーです)、

デストロ246.背景はコピー

デストロ246より

重火器をぶっ放します。

デストロ246.3-79

デストロ246より

もーたまらんです。

 

藍(あい)と翠(すい)の物語は最終的に主人公が入れ替わって

的場伊万里の物語として結末を迎えてしまいました。

 

藍(あい)と翠(すい)は置いてけぼりです。

張り巡らされた伏線も回収の気配すらなくTheEnd

仇討もいずこへ。

 

あらゆる所で酷評が出るのもうなずけますが、

でも痛快じゃないですか。

 

こんな愉快で痛快なお話はそうそう拝めるものではありません。

読後感はスカッと爽快。

 

高橋慶太郎先生のアニメ化作品『ヨルムンガンド』はこちら

 

デストロ246」を無料で立ち読み eBookJapan



-『作家名』【た行】, 漫画の最終回『作品名』【た行】
-, , , , , , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 漫画の ネタバレ 最終回の【あらすじ】や【感想】おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。