『作家名』【ま行】 漫画の最終回『作品名』【ら行】

『ロケットマン』漫画の最終回ネタバレひどい!ゲゲゲの鬼太郎水木しげるのデビュー作

更新日:



ロケットマン表紙

ロケットマン復刻版amazon.jp

『ロケットマン』漫画の最終回ネタバレひどいゲゲゲの鬼太郎水木しげる真のデビュー作

 

水木しげる 貸本漫画 兎月書房/刊 1958年

水木しげる帯

ロケットマンより

 

 

トランプ大統領が国連総会での演説の中

金正恩を指し「ロケットマン」と揶揄。

 

たしかロケットマンって漫画あったよな。

加藤元浩先生の冒険アクションもの。

さらに古くは水木しげる先生の

漫画家デビュー作。

今回は水木しげる先生の「ロケットマン」を

紹介します。

 

2018年4月からスタートするテレビアニメ

『ゲゲゲの鬼太郎』第6シリーズ、

その原作者である

水木しげる先生の原点です。

 

 

イントロ

 

水木しげる先生は『赤電話』を処女作、

『ロケットマン』をデビュー作としています。

今回は水木しげる先生のデビュー作

『ロケットマン』を取り上げたいと思います。

 

紙芝居で活躍していた水木しげる先生が、

マンガ家転業の第1作として描きあげたもの。

地球に迫りくる「第二の月」をめぐる

SFストーリーは、水木しげる先生の原点を探る上で

重要な作品です。

 

しかし、ストーリーははっきり言って支離滅裂。

だが、それこそが水木漫画の真骨頂と言えるでしょう。

 

 

あらすじ

 

主人公の上津戸(うえっと)新一は、

ノーベル賞受賞者上津戸博士の息子。

ロケットマン1-1

ロケットマンより

ありる日ナイターを見物に行った。

突如、空にもうひとつの「月」が姿を現わす!

 

不気味なもうひとつの月は、

地球へと近づいてくる。

 

人々は逃げ惑うす。

上津戸博士は「あの第二の月は動きを止めている、

家に帰って休みなさい」と言う。

ロケットマン1-6

ロケットマンより

翌日、新一をいつもどおり学校へ送り出し、

上津戸博士はあの第二の月に関しての会議に向う。

会議の席で真っ先に発言したのは、

原子力委員長の怒雷(どらい)博士だ。

ロケットマン1-7

ロケットマンより

第二の月問題を早く解決して国民を安心させるには、

例えば私のような科学者が首相になるべきだ!

 

まず第二の月の調査からはじめるべきだと

異論を唱える上津戸博士。

 

上津戸博士は言い知れない胸騒ぎを感じ、

新一にこんな言葉を残していきます。

ずば抜けて優れた科学者が、

自分のためだけにその力を使ったら

全世界はその人のものになるだろう。

その危険な科学者は、怒雷博士だ。

自分に万一のことがあったら、後を頼むぞ。

ロケットマン1-4

ロケットマンより

第二の月に辿り着いた上津戸博士は、

その正体を目の当たりにした。

それは星などではなかった!

 

それはスクリーンに投影されだ映像だった。

これほどとんでもない技術を使えるのは

おそらく怒雷博士だろう。

 

ここは急いで地球に戻りたいが、

燃料が切れてしまった。

すべては怒雷博士の企みだった。

 

絶望するしかない上津戸博士。

その時、宇宙船に大きな亀裂が入り……

何か得体の知れないものが船内に

飛び込んできた。

これはいったい……?!

ロケットマン1-8

ロケットマンより

そのころ日本に巨大な火の玉が

落下してくると言う事件が起こる。

 

調査してみればそれは真っ赤に焼けたロケット。

それも紛れなく上津戸博士が乗り込んだもの!

地球には戻ってこられないようにしたはずなのに、

どうして戻ってこれたのか?

 

怒雷博士と新一が同行し調査に調査に向かう。

ロケットの中に入っていくと、

上津戸博士がいた。

ところがその体には

真っ青な斑点が浮かび上がり、

体も冷たくなってしまっていた。

しかし上津戸博士はまだ生きていた。

 

あの得体の知れない何かは形を持たない生物で、

上津戸博士の身体は乗っ取られていた。

 

 

怒雷博士は学術的調査のため上津戸博士の遺体を回収。

そして第二の月の真実を話されてはまずいと、

海のど真ん中に錘をつけて沈めてしまった。

ロケットマン目次

ロケットマンより

 

若乃花と朝汐の力のこもった一番を

日本中の人々が固唾を呑んで見守っている

……突然あたりは真っ暗に。

次にテレビだけが映りだした。

そしてそこに映し出されたのは、

あやしげな仮面をかぶったあやしい男。

 

私は第二の月の使者です。

日本の国を私に任せてください、

戦争して皆殺しになるよりいいでしょう。

 

首相に直接掛け合い、

私に政治を任せないと

大変なことになりますよと迫る怒雷博士!

 

第二の月の使者は日本中を停電させた。

また電気を付けてほしければ、

日本でたった一人話せる人物、

怒雷博士を総理にしろ!と言う。

 

そんな中、海中では大変な事態がおきていた。

海に支部められた上津戸博士の体に巣食っていた

宇宙生物と、海中のクラゲが融合、

ロケットマン1-3

ロケットマンより

上津戸博士の体は巨大なクラゲのような、

奇怪な姿へと変わっていた。

徐々に日本を手中に収める作戦を進行させていく怒雷博士。

おぞましい怪物グラヤへと変貌してしまった上津戸博士。

そしてなんかひょうたんの研究に血道をあげていく新一。

 

こんなに話が進んでも

いっこうに登場しない

ロケットマン、いつ現れるのか?

 

とうとう怒雷博士は総理大臣の座を奪い、

独裁政治が始まってしまった。

しかし、電機は回復、国民生活は安定した。

 

ひょうたんの研究を続けた新一は

へタリウムを抽出することに成功した。

 

新一は怪獣グラヤからのメッセージで、

グラヤが父親の変わり果てた姿であることを知った。

しかし、クラゲとなった父親と言葉も交わせず、

立ち去るしかなかった。

 

怪獣グラヤが東京に現れた。

怒雷総理大臣は東京で水爆を破裂させた。

グラヤは東京の街や都民もろとも木っ端みじんにに。

しかしグラヤは移動する。

 

怒雷はそのあとを追う。

そして不思議な島にたどり着く。

そこに現れたのは

mizuki-rocketman_fixw_640_hq

ロケットマン復刻版amazon.jp

『ロケットマン』だ!!!

やっと現れた。

しかし物語はほぼ終焉だ・・・

 

しかも、何の脈絡も伏線もなく突然に!!

ロケットマン1-2

ロケットマンより

えっ?胸にSって書いてあるのに・・・

 

ロケットマンによると、

水爆でやられたグラヤは

ロケット漫画作ったロボットだった。

本物のグラヤは巨大な布団の中で眠ったいた。

 

そしてロケットマンは

グラヤに安来節を躍らせた。

 

怒雷博士はロケットマンの底知れぬパワーに降参。

※そりゃビビルわ

 

最終的には何とロケット漫画総理大臣に。

しかもロケットマンの正体は新一だった。

 

 

 

 

感 想

 

水木しげる先生はデビュー作から

ハチャメチャ???

水木ワールド全開です。

 

結局、この本の中で「ロケットマン」が出てくるのは、

本当に最後の方だけです。

それなのに題名が『ロケットマン』とは…。

 

すでに水木しげる先生独特の怪しさや

ヘンテコぶりが至る所にあって、

水木ファンはにんまり。

ロケットマンのデザインが、まんまスーパーマン。

さらに「君はスーパーマンだろ」

 

とキャラに言わせてしまったり、

話のシメが「今日は疲れていますから、

ここで終わりにしてください」

という身もふたもないものだったり。

第四の壁も、基本ヒビ入ってます。

そして幾つかのギミックや設定は、

そのまま鬼太郎を始めとした

後の作品に流用されています。

宇宙から来た超人的な赤ん坊ベビーZが

売れない劇画家の元にいすわる過程は、

他者に寄生していた時代の鬼太郎と重なりますし、

ベビーZの相手となる“喰らう水”水人間は、

アニメ墓場鬼太郎にも登場した水神まんまです。

人智を超えた不思議なものとして、

水木しげる先生の中では、

SFも妖怪も、あまり変わらなかったのでは。

そんなことを感じたりもしました。

 

こういう作品は読んでおかないといけませんね。

 

『ゲゲゲの鬼太郎(墓場鬼太郎)』はコチラ

 

『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ、

水木しげる先生の

漫画作品やアニメ、映画を

お試し期間を使って無料で楽しみましょう。

映画・ドラマ・アニメ・漫画・書籍・雑誌も楽しめる総合動画配信サービスが便利

 

総合コンテンツ配信サービス2社

おすすめは

「U-NEXT」「FOD」

『U-NEXT』

【FODプレミアム】

★「U-NEXT」と「FOD」

どちらも約1ケ月の無料お試し期間があります。

とりあえず登録して気に入らなければ退会できます。

この“お試し期間”だけでも相当なコンテンツを

楽しむことができます。

『U-NEXT』

【FODプレミアム】

 

 



 

 

-『作家名』【ま行】, 漫画の最終回『作品名』【ら行】
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 漫画の最終回 ネタバレ ひどい【あらすじ】や【感想】おすすめ満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。