アニメ化作品 実写映画化作品 『作家名』【か行】 漫画の最終回『作品名』【た行】

『曇天に笑う』漫画の最終回ネタバレひどい!福士蒼汰主演で映画化

更新日:



実写映画化の「曇天に笑う」

dontenniwarau.no1

dontenniwarauより

漫画の最終回ネタバレひどい『曇天に笑う』福士蒼汰主演で映画化

滋賀県指定推薦図書候補かな!?

 

唐々煙(からからけむり) 月刊コミックアヴァルス 2011年-2013年 全6巻

dontenniwarau.no1-no3

amazon.jp

 

イントロ

 

『曇天に笑う』が福士蒼汰を主演キャストに迎え実写映画化!!

dontenniwarau.movie

dontenniwarau.movieより

主演・福士蒼汰×監督・本広克行。

2018年3月21日(水・祝)超拡大ロードショー!

Youtube

外伝は劇場版アニメ化され

dontenniwarau.anime

dontenniwarauより

2017年12月に公開!

 

テレビアニメは2014年日本テレビなどで放送されました。

 

と、ガンガン映像化される

発行部数120万部を超える人気マンガです。

 

物語の舞台は、明治維新後1878年(明治11年)

の滋賀県・大津。

300年に1度蘇り、人に災いをもたらすという

巨大な力を持つ大蛇(オロチ)の復活の年、

曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の

長男の天火、次男の空丸、三男の宙太郎の

曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、

明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊である

犲(ヤマイヌ)は、それぞれの方法で

大蛇の力を再び封印することで、

日本に平和をもたらそうとしていた。

 

しかし、その力を手に入れて、

明治政府の転覆をねらう

忍者集団・風魔一族がいた。

 

曇天三兄弟、犲、風魔一族の

三つ巴の戦いが始まる。

 

 

あらすじ

 

Ⅰ.

 

1878年(明治11年)今まで我が物顔で

のさばっていた武士たちの多くは

廃刀令は廃藩で職を失い、

新政府に刃を向ける犯罪者が増加した。

 

物語の主人公は、琵琶湖にできた

dontenniwarau1-11

dontenniwarauより

脱出不可能な牢獄「獄門処」日本最大の

「獄門処」への橋渡し人、

“曇(くもう)神社”に住む、曇三兄弟。

dontenniwarau1-12

dontenniwarauより

dontenniwarau1-14

dontenniwarauより

幼いころに両親を亡くし、三兄弟で暮らしている。

そして、300年に一度蘇るというオロチの存在。

dontenniwarau1-56

dontenniwarauより

オロチの復活が近づくと空は曇り

オロチを討ち果たすまで、

空が晴れることはない。

dontenniwarau1-53

dontenniwarauより

オロチが宿るのは代々オロチと敵対する家系の者。

オロチに取りつかれた者はいずれは

dontenniwarau1-55

dontenniwarauより

魂を乗っ取られオロチとなる。

 

Ⅱ.

曇三兄弟の神社に居候している

天火の親友である

金城白子の正体が明らかになる。

 

風魔一族の末裔で、

dontenniwarau2-35

dontenniwarauより

十代目風魔小太郎だった。

 

その正体は式神だと思われる。

 

曇家の天火がオロチを探しているという事を知り

dontenniwarau2-66

dontenniwarauより

協力を申し出てきたのだ。

 

 

Ⅲ.

琵琶湖の中に作られた

脱獄不能の煉獄島「獄門処」に、

“ある人物があるものを集めている”

という噂がたった。

 

兄の天火にこれ以上迷惑をかけられない。

空丸は一人で獄門処に侵入する。

 

獄門処の最上階で狐の面をかぶった男

“白髪で紫瞳の風魔一族の残党”と遭う。

集めていた物が“阿片”だと分かる。

 

 

Ⅳ.

 

300年に一度、大きな災いを

起こすとされている

「大蛇(おろち)の器」が、

曇三兄弟の長男・天火であるとし、

dontenniwarau3-76

dontenniwarauより

兄の天火が政府により処刑されてしまう。

落ち込む空丸と宙太郎。

 

物語で最終目的になるはずだったオロチ…

しかし、オロチの器である天火が壊れたことで、

オロチは復活できないはずだが…

 

 

Ⅴ.

 

物語は一気にクライマックスへ!!

オロチの器として処刑されたはずの

天火の事情が明らかになる。

 

それは天火達が幼いころ、

曇家が、襲撃され両親が殺された際に、

空丸を庇い致命傷を負った天火。

 

そんな天下が助かったのは

“ある特効薬”のおかげだった。

 

特効薬とは・・・

“当時政府の隠密科学部が開発していた

オロチの細胞を使った薬”

 

300年前から研究されていた品物だ。

 

 

Ⅵ.

dontenniwarau6-66

dontenniwarauより

遂に長きにわたったオロチと

因縁の戦いに終止符が打たれる。

 

敵対することになってしまった

dontenniwarau5-57

dontenniwarauより

風魔の長である白子の本心は

平和になりつつある新政府を潰し、

dontenniwarau6-9

dontenniwarauより

再び風魔一族を繁栄させる・・・!

 

これが風魔たちの本当の目的だ。

そんな中、式神・牡丹の口から

オロチを殺す方法が明かされる。

 

これまではオロチを

封印することで凌いできたが、

今回は空丸からオロチを追い出したということ。

自らに宿ったオロチを追い出したことで

dontenniwarau6-28

dontenniwarauより

オロチの分身となった空丸。

dontenniwarau6-60

dontenniwarauより

空丸がこの世界で唯一オロチを殺せる存在だ

dontenniwarau6-41

dontenniwarauより

という事が判明したのであった。

 

新政府に捉えらえていた天火は

処刑されずに研究材料として

dontenniwarau6-42

dontenniwarauより

保護観察されていた。

 

天火と宙太郎の活躍によって、

dontenniwarau6-82

dontenniwarauより

空丸を生かしたまま大蛇と

dontenniwarau6-84

dontenniwarauより

分離させることに成功する。

 

分離された大蛇は

さらに破壊を繰り返す。

 

大蛇を抑え込むのは不可能に思われたが、

 

大蛇の器である空丸自身が、

大蛇を殺すことによって大蛇は消滅した。

dontenniwarau6-86

dontenniwarauより

かくして世の中に平和が戻った。

 

死闘の後遺症で下半身の自由を

失ってしまった天火。

しかし、曇天だったその空には

大きな太陽が浮かぶ。

 

戦いで傷を負ったが、

曇天は晴天に晴れ上がった。

天火は

大きな声で、

dontenniwarau6-95

dontenniwarauより

 

「笑え!!!」

 

――――終わり

 

 

感 想

takeshima100123

琵琶湖・多景島

獄門処のモデルは

おそらく琵琶湖にポツンと浮かぶ

多景島ではないでしょうか。

そんな雰囲気の島です。

 

 

 

実写映画化

楽しみですね。

どんな映像になるのでしょうか。

 

映画のキャスト

曇 天火(くもう てんか)=福士蒼汰

曇 空丸(くもう そらまる)=中山優馬

曇 宙太郎(くもう ちゅうたろう)=若山耀人

金城白子=桐山漣

安倍蒼世=古川雄輝

鷹峯誠一郎=大東駿介

武田楽鳥=市川知宏

犬飼善蔵役=加治将樹

永山蓮役=小関裕太

蘭(漫画にはいない)=宮下かな子

岩倉具視=東山紀之

と、注目のキャスティングです。

 

青空が戻ってきた滋賀。

体は不自由になったけれど、

空丸と宙太郎のもとに戻ってきた天火。

dontenniwarau2-3

dontenniwarauより

けれど自ら命を絶った白子。

曇神社で過ごした日々はきっと白子にとって

大切な時間だったろうな。

でも、それでも風魔は捨てられない…。

最後の笑顔が切ない。

終盤は展開に勢いがついて

どんどん進んじゃって、

追いつくのに一苦労です。

楽しい漫画でした。

 

福士蒼汰さん主演で映画化『ブリーチ』漫画の最終回はコチラ

 

『曇天に笑う』

漫画作品やテレビアニメを

お試し期間を上手に使って

無料で楽しみましょう。

「動画配信サービス」なら映画、ドラマ、アニメ、漫画、書籍、週刊誌

月額固定で、存分に楽しむことができます。

「4大動画配信サービス」おすすめ徹底比較

 



 

 

 

 

 

-アニメ化作品, 実写映画化作品, 『作家名』【か行】, 漫画の最終回『作品名』【た行】
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 漫画の ネタバレ 最終回の【あらすじ】や【感想】おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。