アニメ化作品 『作家名』【あ行】 漫画の最終回『作品名』【は行】

『バオー来訪者』漫画の最終回ネタバレひどい!これがジョジョの原点

更新日:

baoh9

baoh来訪者ゲームより

『バオー来訪者』漫画の最終回ネタバレひどい!これがジョジョの原点

荒木飛呂彦 少年ジャンプ 1984年 全2巻

 

前 説

 

ジョジョの奇妙な冒険の荒木飛呂彦先生が描く傑作漫画。

誰に誓った?

自分に誓った!

この少女を助けると自分に誓った!

望みは捨てない

自分は最強の生命力を持った生物なのだ!

自分の意思でバオーの力を
コントロールできるようになった
育朗がスミレを助けたい一心で
叫んだセリフ。

なぜ、そうまでしてスミレを助けたいのか
そこにはスミレを愛する心があったからか

バオー来訪者OVA作品

Youtubeより

 

あらすじ

秘密機関ドレスの研究者「霧の目博士」が作り出した

生物兵器「バオー」を寄生させられた少年「橋沢郁朗」。

baoh3

仮死状態で研究所に移送される途中、

世知能力を持つ少女「スミレ」との出会いにより目覚める。

baoh5

バオー来訪者より

郁郎はスミレとともに脱走、

二人を抹殺するためにドレスが差し向けた

刺客からスミレを守るため、

郁郎はバオーが生み出した武器現象

baoh8

バオー来訪者より

「バオー・アームド・フェノメン」に

変身して戦う。

 

最終回

魔人ウォーケンの巻

研究所の来訪者・橋沢郁郎。
スミレを救うため最後の戦いに

ドル中佐に連れ去られたスミレを救出に、

秘密機関ドレスに宣戦布告した郁郎は

スミレが囚われている研究所に乗り込む。

 

バオーに変身した郁郎の前に立ちはだかったのは

分子を自在に振動させる地上最強の

超能力者ウォーケンだった。

 

強靭な鉄の壁をも融解させる分子空振動波や

分子地道波を繰り出す手ごわい強敵だ。

 

防戦一方のバオーだったが、

6万ボルトの高圧電流を発生させる

バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメンで

baoh7

バオー来訪者より

ひるませた隙に、

切り離したセイバーを頭部に叩き込み

超能力者ウォーケンを沈黙させた。

 

そしてスミレが閉じ込められている部屋を見つけ出し

駆けつけるバオーに28門のレーザー砲が襲いかった。

 

一斉に発射された閃光は

スミレの身体も貫いていた。

 

絶命するスミレをバオーは

自分の血を分け与え蘇生させることができた。

 

そこに復活したウォーケンが現れる。

超能力を暴走させ、

研究所の岩盤を貫き、

バオーもろとも地下鍾乳洞に落下。

 

スミレを助けたい一心のバオーは

彼女に脱出口を指し示す。

ウォーケンの注意をそらすため

鍾乳洞の奥へと誘い込む。

 

そして、レーザー砲の残骸を利用した

バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメンで

ウォーケンを葬り去った。

 

霧の目博士はそのせつな

研究所もろとも自爆し吹き飛んだ。

 

 

それから数か月後――

 

無事に生還したスミレは

baoh11

バオー来訪者より

地下洞窟の湖底に眠る育朗と

17歳になったとき再会すると

予知能力で知る。

そして以前に出会った六助夫婦のもと

その日が来るのを待ち続ける。(完)



 

「バオー来訪者」を無料立ち読みでチェック eBookJapan

 

感想

すでに荒木節がさく裂しています。

ジョジョが連載されるよりも以前の作品ですが、

とんでも超理論のバトルや、擬音。

baoh10

バオー来訪者より

なにより個性と説得力を併せ持った作画は凄い!

理論にはめちゃくちゃなのに

なぜか説得させられるのは、

画の力なのでしょうか。

マッドサイエンティス霞の目博士トは、バオーを勝手に生み出し、

危険だからと勝手に殺そうとします。

『 主人公が、彼と同じように研究対象となっていた

エスパー少女と共に、機関から逃げる… 』という王道ストーリーは、

その独特な表現や、危機を回避する為の知恵などで、

スリリングに展開。

作中には荒木先生の個性溢れる演出な表現が散りばめられ、

後の名作ジョジョに通じるものを感じました。

構成がしっかりしていて、話が綺麗にまとまっています。

読んで損することはない傑作です。

荒木先生のアクション漫画の原点とも言え、

ジョジョファンならずとも読みたい存在感あふれる傑作です。

 

「バオー来訪者」を無料立ち読みでチェック eBookJapan


-アニメ化作品, 『作家名』【あ行】, 漫画の最終回『作品名』【は行】
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Translate »
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や「感想」おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。