『ぼくらの』の黒歴史 アニメ監督のブログで大炎上


youtubeより

『ぼくらの』の黒歴史

『ぼくらの』は

鬱アニメの代表作とされているが、

原作漫画はもっと鬱。

2007年から放送スタートした『ぼくらの』

bokurano.top

稀代の鬱マンガをアニメ化

月間IKKIで連載された作品のアニメ化。

舞台は近未来の日本、

謎の超技術で作られた巨大ロボットを操縦し

ごく普通の少年少女らが地球を守るために戦う物語。

 

このロボット乗ると必ず命を失う

パイロットになった子供らは

闘いに勝っても負けても絶命する。

 

そんな鬱設定が話題になり

高い評価を受けた作品でもある。

 

が、

この『ぼくらの』アニメ版では

非常に珍しい炎上騒動が巻き起こった

 

アニメの監督が原作を…

それは

 アニメ版の森田宏幸監督が

自信のブログに

私自身が原作を嫌いで、

アニメーション化にあたり、

ある意味

原作に悪意を持った改変を加えている

ことを認めます。

こう宣言しないと、

ブログ上に展開されている

いくつかの論点の矛盾が埋まらなくなると、

私も覚悟しました

(中略)

アニメーション版「ぼくらの」の監督は

原作が嫌いです。

今後、げんさくにある魅力が、

アニメーション版で展開されることは

期待できません。

だから、

原作ファンの方々は

今後、アニメーション版を

見ないでください。

これに対して、

原作のファンは過激に反応した

 

あまりの炎上に

さすがの監督も

謝罪コメントをブログに載せた。

 

謝罪はするものの…

bokurano.d

blog.gooより

原作のそのものが嫌いと言う言葉で

誤解を招いたので訂正します。

(中略)

原作ファンの皆さんには負けました。
私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。

(中略)

大幅な改変によって、原作をはっきりと否定していること、ここに明言しておきます。

と、それでも原作を改変すると宣言。

まるで開き直りで謝罪になっていない。

 

非常に珍しい

炎上騒動だった。

『ぼくらの』原作漫画の最終回をこのサイトで確認(ネタバレご注意)

 

 名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や...
名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や「感想」おすすめ漫画が満載
http://final.yumedream.tokyo/2017/10/24/%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%82%82%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%82-%EF%BC%94%E5%A4%A7%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E5%BE%B9/
MANGA ,comics,final episode,漫画ランキングの名作や傑作の最終回おすすめ作品の結末を楽しんでください



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA