マンガ・アニメの黒歴史

『アストロ球団』黒歴史を凌駕する必殺技ランキングTop10

更新日:

アストロ球団2

amazon.jp

1972年週刊少年ジャンプで掲載されて以来

今でも語り継がれる超豪快野球漫画アストロ球団

超人的能力を持つ男たちが集まり

世界一の野球チームを目指し

命を懸けて試合に臨むストーリー。

 

ルールなんかは関係ない

絶命、廃人が続出する野球という名のデスマッチ

常軌を逸した数々の必殺技、

その突き抜け感が

今でも共感を呼ぶ理由だろう。

 

スゴ技をランキング形式で紹介

このランキングはあくまで個人の感想ですので

異なる意見もあると思います。

 

第10位「人間ナイアガラ」

アストロ球団.人間ナイアガラ

敵チームの衝撃のラフプレイ

アストロ球団のメンバーが一塁は向かうのを

阻止するために全ての選手が襲いかかった。

俗にいう分かりやすい走塁妨害。

 

第9位「消える打球」

消える打球

打ったと同時に打球が消える

スタンドに飛び込んだ瞬間ボールは出現

ミートの瞬間にボールは破裂

その圧力でボールの中身が飛び出し

皮だけが残り

見えなくなってしまうという。

何の効果があるのか分からないが

凄い。

 

第8位「三段ドロップ」

三段ドロップ

昔、タテ方向のカーブをドロップと呼んだ。

インコースに入って来た二段ドロップが

デッドボールになる寸前にもう一度ドロップ

正確には二段目はスライダーだが…

 

投球時の負担があまりにも大きく

1試合で4球までしか投げることができない。

とにかく魔球だ。

 

第7位「アンドロメダ大星雲打法」

アンドロメダ大星雲打法

アストロ球団のメンバーが

苦闘の末に編み出した必殺の打撃法だ

 

バットに当たったボールは着火し

炎に包まれながら飛んでいく。

たいていの野手は熱くて捕球できない。

 

第6位「スクリュー投法」

スクリュー投法

敵チームの投手が使った魔球

指の関節をはずしてボールを投げる

と同時に関節を戻しボールをスライスすると

らせん状に回転しながら打者に襲いかかって来る

 

この魔球が当たった打者は

一発で即絶命する。

 

第5位「分身守備」

分身守備

物語も後半にさしかかり

アストロ球団のメンバーは3人も命を落としていた

 

6人だけでは守備ができない。

そこでどんな力を使ったのかは

明かされていないがメンバー2人が

いきなり分身した

 

何の伏線もなくいきなりの分身

これで欠員を補った

3人増やせばいいのに増やしすぎ。

 

第4位「ビーンボール魔球」

ビーンボール魔球

どんなによけようが

どんんなに逃げようが

バッターに襲いかかってくる

衝撃の魔球。

 

当てられたバッターは絶対に首から血を吹き

そして命を落とす。

 

ただしこの球を投げる投手も

自らの命を削る。なぜだか。

 

第3位「必殺L字投法」

殺人L字投法

これもビーンボール系の魔球。

敵投手が繰り出す

必殺の変化球だ。

 

ボールの軌道ががミートの瞬間L字に曲がる

バットを這うように打者に向かい

頭にぶつかっていく。

 

これを受けたアストロ球団のメンバーは

バックネットまで吹き飛ばされ絶命した。

 

第2位「スカイラブ投法」

スカイラブ投法

剛速球のストレートがバッターの手前で

急激に落下する

バットを破壊する威力がある。

 

右手で投げるボールをリリースする瞬間

左手に持ちかえ逆回転をかける。

決してボークではない

タイミングを間違えると

ピッチャーの腰は砕ける

選手生命を懸けた魔球だ。

 

堂々の第1位「ジャコビニ流星打法」

ジャコビニ流星打法

あらかじめバットには

細かなヒビが入れてある。

ボールがバットに当たると同時に

細かな破片がピッチャーを襲う

 

星くずのように飛び散った破片は

野手の視線を混乱させる

すごい打法なのだ。

 

必殺技は世相を反映

スカイラブは1973年アメリカによる宇宙ステーション計画、

ジャコビニは10月に現れる流星群で1972年に

彗星の軌道が地球と交差し最も良い条件で観測できた。

ともに連載当時の話題が投影されている。

 

「アストロ球団」を無料立ち読みでチェック

 

「トラウマ最終回まとめ」でもアストロ球団を紹介しています



-マンガ・アニメの黒歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Translate »
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や「感想」おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。