漫画の最終回『作品名』【あ行】

漫画の最終回ネタバレひどい『アポカリプスの砦』あのゾンビはなぜ現れたんだ?

更新日:




アポカリプスの砦イメージ

講談社より

漫画の最終回ネタバレひどい『アポカリプスの砦』あのゾンビはなぜ現れたんだ?

 

蔵石ユウ:原作 イナベカズ:漫画

月刊少年ライバル→新雑誌研究所→マンガボックス

2011年-2015年 全10巻

 

アポカリプスの砦2

1巻

前 説

 

無実なのに罪を着せられて無期懲役の判決を受ける前田義明。

関東中の不良が集まる青少年矯正施設・松嵐学園に収監された。

前田は学園内でも曲者たちの監房に入れられる。

そんな無秩序と暴力の世界に入った前田だった。

人間だけに感染する未知のウイルス

外の世界では人間を貪り喰らうゾンビたちが発生。

ゾンビは施設内にも侵入し不良たちは戦うことになる。

 

アポカリプスの砦全10巻

amazon.jp

 

アポカリプスの砦.登場人物

1巻

アポカリプスの砦.登場人物2

1巻

あらすじ

 

主人公は冤罪で施設送りにされた

 

千葉県K市の青少年矯正施設・松嵐学園に16歳の前田義明は入園した。

アポカリプスの砦1-7

1巻

関東中の不良が集まる施設で生きていくことが出来るのか、

不安と絶望感を抱えた前田は4号室に入ることとなる。

 

吉岡正文(よしおかまさふみ)は18歳、4号室の室長だ。

無口で長身の岩倉剛とメガネで理屈っぽいノイマンこと山野井満の4人部屋だった。

 

上空を不気味に飛び回るカラスの群れから何か落ちてきた。

アポカリプスの砦1-28

1巻

地面に落ちたものは人間の耳のように見える。

その時、護送用車両が突っ込んできた。

護送車から血まみれの男が出てきた。

前田は異変に気づく。

アポカリプスの砦1-36

1巻

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

はやくもゾンビ出現

 

いきなり学園にゾンビが侵入。

瞬く間に感染はひろがリ、学園はパニックに陥る。

学園の外の世界にも大パニックが起こっていた。

この騒動に乗じて、家族の様子を見に行った前田。

同部屋の三人も同行し、街を車で駆るが、

もはや周囲はゾンビで埋め尽くされている。

アポカリプスの砦1-83

2巻

前田の家族もゾンビとなっていた。

 

 

絶望の中、生きるために学園に戻ろうとする4人。

するとその目前に、驚愕の光景が拡がっていた。

目を疑うばかりのその光景。

ゾンビがひとところに集まっている。

アポカリプスの砦2-7

2巻

何千、何万もいようかというゾンビが集まって積み重なり、

巨大な塔を作り上げている。

 

 

その塔は、ゆっくり、ゆっくりと移動している。

慌ててバックで逃げようとする。

 

 

次から次へ何なんだ、もううんざりだ。

こんなになった世界で生きていけるわけがない、

みんな殺されてお前らの仲間入りするんだろ?

 

来い、僕を食べてみろ。

アポカリプスの砦2-11

2巻

……その代わり、タダで死ぬと思うなよ!

前田は銃を構える

 

 

早くもボス?現れる

アポカリプスの砦2-13

2巻

目の前に長髪の奇妙な男がゾンビの群れに乗って現れた。

男は黒目の中にさらに三つの黒目があると言う以外は

普通の人間のように見える。

 

しかし、明らかに異様。

 

前田は銃弾を男の腹に射ち込んだ。

アポカリプスの砦2-24

2巻

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

と同時に、ゾンビの塔は崩落する。

 

ピクリともう動かないゾンビたちをしり目に、

前田はゆっくりと車に乗り込もうと扉を開いた、

 

その刹那

 

今まで以上に敵意をむき出しにしたゾンビが、

いっせいに前田に襲いかかる。

 

吉岡の運転で、どうにか松嵐学園に戻ることができた。

 

 

 

長髪のゾンビは前田が言った「タダで死ぬと思うなよ」と言う言葉を

うわごとのように繰り返していた。

アポカリプスの砦2-25

2巻

 

武器の調達に自衛隊駐屯地へ

 

前田たちは武器を入手するために

自衛隊に駐屯地に向かう。

アポカリプスの砦2-89

2巻

駐屯地は4本足で歩行する無数の怪物に占拠されていた。

アポカリプスの砦2-95

2巻

岩倉は、ショットガンで何体かの怪物を撃ち殺す。

怪物たちは殺された仲間の骸を貪り食らいはじめた。

 

ついに前田達は耐え切れずにその場を走り去る。

 

 

プレハブ小屋のような小さな建物を発見、

慌てて飛び込み、ドアに鍵をかける。




小屋の中で岩倉の左手に何かぬるりとしたものが触れた。

薄暗い部屋の中で目を凝らしてみると、そこには

 

たくさんの人々が血まみれで横たわっていた。

 

どうやらこれはゾンビではなく、まだ生きている人間だ。

前田が声をかけるが、彼らは「早く殺してくれ」と呻く。

よくよく見てみればなんと、

彼らは両手両足が付け根から喰いちぎられていた。

 

 

空しさが支配する中で、前田があることに気づく。

彼らはどうやって、何のためにこの小屋にいたんだ?

 

ここは怪物の食料庫だった。

そんな絶望で思わず座り込んでしまう前田、

岩倉は搾り出すように言いました。

援護してやる、走って逃げろ、と。

「助けに戻るから、絶対に」。

 

前田は逃げ延びることが出来た。

屋内に残っていた吉岡とノイマン。

彼らに前田は、すぐ岩倉を助けに行こう。

 

反対する吉岡と前田が争っている時、

 

 

爆発音が聞こえた

 

手製の武装車で自衛隊駐屯地に乗り込んできた生き残り、

花畑慎平と笠原祐史が使った爆弾だった。

 

前田たちは自衛隊駐屯地で小銃と銃弾を入手した。

装甲車に乗り込み急発進する前田たちだが、

追ってきた死体の山が、前田たちの装甲車を持ち上げ逃がさない。

 

死体の山に君臨する長髪のゾンビは「ま・え・だ…」と発した。

 

 

長髪のゾンビは、装甲車に乗り込んできた。

 

長髪のゾンビは音波で前田たちの動きを止める。

前田たちは、長髪ゾンビを殺そうと頭部を撃とうとした瞬間、

 

ノイマンが「コイツを殺すな」と

 

 

ノイマンは長髪のゾンビが音波で、他のゾンビを操っていることを察知した。

施設に持ち帰って研究したいと言い出した。

 

大量の武器をもって帰ることが出来た前田たちは、

現段階の施設のリーダーである一ツ兜と対等の立場になった。

それが気に入らない施設の輩たちと一触即発状態に。

多勢に無勢、前田たちはリンチを受けることになってしまった。

 

 

謎の少年が現れる

アポカリプスの砦4-25

4巻

前田にリンチをしていた男の心臓が掴み出された。

それは駐屯地で出会った花畑慎平の息子りっくんだった。

りっくんは俊敏な動きと、凄まじい力でリンチしていた男を惨殺し、

前田達にも迫ってっ来たが、突然、元の立つことも状態に戻ってしまった。

 

長髪のゾンビがりっくんを操っていたのだ。

ノイマンはカッターナイフを手に、長髪のゾンビを解剖しようとした。

そして、ノイマンが導き出した、その恐るべき結論。

 

長髪のゾンビ「ボコール」には生殖器や排泄口などが無かった。

さらにボコールは最近まで普通の人間のようだった。

前田達はボコールの頭をショットガンで吹き飛ばした。

 

吹き飛ばされたはずのボコールの頭が物凄い勢いで再生?

破壊された頭のしたから、新たな頭が生まれてこようとしてた。

前田達は逃走を図るボコールを捕らえ、その首を切断した。

アポカリプスの砦5-13

5巻

しかし新たな顔が前田の指を喰いちぎった。

アポカリプスの砦5-22

5巻

前田はその場から逃げ出そうとした。

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

学園に、一機のヘリが降り立った

 

 

ヘリから降りてきたのは、武装した兵士達と、

兵士達を率いる美貌の女性。

アポカリプスの砦5-58

5巻

彼女は国際連合日本支援団のデイジー上等兵と名乗った。

学園の生徒達を助けに来たと言うのだが。

 

突然押し寄せた武装集団はボコールを「光の子」と称し、

アポカリプスの砦5-86

5巻

感染者たちを「天使」と呼んで崇める危険な集団だった。

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

武装集団は、前田たちの部屋までやってきた。

吉岡が撮影していたボコールのビデオを要求した。

ベッドの下に隠していたボコールの遺体が発見された。

彼らにあるのは、激しい怒り。

しかし感染者が、ナイフを持った男の首に食らいついた。

吉岡達は窮地を脱することが出来た。

 

指を喰いちぎられた前田はかろうじて人間の心を残していた。

通信網も破壊されているにもかかわらず、

前田に電話が入る。

アポカリプスの砦7-39

7巻

 

世界を救って欲しい

 

電話の主は、前田にそう頼んだ。

世界を救う?

このまま学園に立てこもり、死を待つことになるのか。

前田たちは学園をあとにした。

ゾンビを治療する薬を作るため協力をするため、

アポカリプスの砦7-58

7巻

電話の主がいる「海ほたる」を目指すことになった前田達。

そんなとき一同はノイマンが感染したことを知る。

しかし一同は海ほたるを目指し歩き出した。

 

海ほたるに続くトンネルにたどり着いた一同、

しかしそこにもゾンビの集団がいた。

 

 

ノイマンが犠牲に

 

ゾンビ化するノイマンはゾンビ相手に戦った。

アポカリプスの砦8-77

8巻

ノイマンが犠牲になり海ほたるにたどり着くことができた。

 

そこには坂上優子博士がいた。

博士はインシュリンを前田、吉岡、岩倉、花畑の4人に注射し低血糖状態にさた。

博士は感染した前田をモルモットにするつもりだ。

 

博士が前田の頭をハンマー叩いているところに「一ツ兜」が現れ、

 

前田を救った。

アポカリプスの砦9-25

9巻

国連軍と称してやってきた宗教団の女デイジーが、

アポカリプスの砦9-28

9巻

ゾンビに手を噛まれた。

一ツ兜はワクチンを求めて、海ほたるへ1人できたのだ。

 

Fウィルスをもったやつがもう一人いることがわかった。

りっくんが橋の向こう側にいる

アポカリプスの砦9-55

9巻

Fウィルス感染者のボコールにとどめを刺した。

ボコールを連れて帰るところだったが、

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

もう一人のボコールが現れた

 

ボコールは共食いをはじめた。

共食いしていたと思ったボコールは目の前で融合し、

アポカリプスの砦9-67

9巻

大きな受精卵となった。

細胞分裂がはじまり、どんどん成長していく受精卵。

 

一ツ兜、銃をぶっ放せ命令する。

バズーカまでぶっぱなしたのだが、

 

 

最終回

 

ボコールが融合して前田と同じ顔になる。

アポカリプスの砦10-4

10巻

巨大なコンクリートの塊に押しつぶされた岩倉らしき腕が。

しかし、かろうじて岩倉は生きていた。

アポカリプスの砦10-81

10巻

前田が融合ボコールを倒し、大量のFウイルスが手に入った。

 

坂上博士がワクチン作ることに成功した。

アポカリプスの砦10-91

10巻

釣りをする一ツ兜と花畑と吉岡

花畑が慌てて引き上げたのは魚ではなく海にいたアンデッドだった。

りっくんにワクチンが注射された。

アポカリプスの砦10-10

10巻

 

一ツ兜はデイジーのためにワクチンを持ち帰る。

 

前田へのワクチン注射は吉岡が名乗りをあげる。

アポカリプスの砦10-11

10巻

注射が終わり吉岡は去っていく。

 

一同はそれぞれの向かう方へ分かれて行った。

海を眺める前田

アポカリプスの砦10-12

10巻

 

アポカリプスの砦――――― 完

 

 

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

結 末(後日談)

 

小学生が学校に行く場面

フェンスごしにはゾンビがいる。

フェンスで住む地域を隔離し、安全な区画ができたようだ。

アポカリプスの砦10-13

10巻

 

学校では歴史の勉強で

「全人類の人口の二分の一を失った訳です。

…でこの感染症の治療薬を確立したのが…答えて」

 

「坂上優子博士です」

「正解」

「博士はその功績から2年前ノーベル賞を受賞しましたが、

今では更に研究が進み、重症者向けの治療薬及びワクチンの開発に至って…」

 

果樹園の果物を盗もうとする小学生

「この果樹園の果物は市の共有財産だから」

アポカリプスの砦10-14

10巻

「みんなの物だから勝手に食べちゃ駄目なんだよ」と小学生を叱る前田。

アポカリプスの砦10-16

10巻

 

 

ゲームセンターでは

「どれピンボールのやり方を教えてやろーか?」と吉岡の後ろ姿が。

アポカリプスの砦10-17

10巻

 

「この世界を救った男の言う事を聞いてみねーか?」

――――― END

 

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan




 

感 想

 

最終の最終(後日談)は蛇足のような気がするけど、

それならば、

一ツ兜とデイジーはどうなったんだろう?

ゾンビを隔てる物はフェンスだけ?

北へ行ったりっくんはどうなった?

 

そもそもゾンビウィルスはどこから来たんだろ?

何が原因だったんだろう?

 

それにしても、読み応えのある、

よく練り上げられたゾンビパニックアクション漫画でした。

 

「アポカリプスの砦」を無料で立ち読み eBookJapan

 

 

-漫画の最終回『作品名』【あ行】
-, , , , , , ,

Translate »
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」や「感想」おすすめ漫画が満載 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。