『キャプテン翼』の黒歴史2 真の敵は交通事故だった件

キャプテン翼cover

amazon.jp

キャプテン翼 1974年

高橋陽一 週刊少年ジャンプ

 

ホントの敵はライバル選手じゃなかった

奇想天外なサッカーシーンで

人気を博したサッカー漫画だが

キャプテン翼download

とにかく多かった!!

 

やたらと車に跳ね飛ばされる

高橋陽一先生はよほど自動車が嫌いだったのか

 

しょっぱなから車に

第一巻の最初のページから

翼がトラックに轢かれそうになり

キャプテン翼1

blog.fc2.comより

それをかわきりに要所要所で交通事故に見舞われる

 

人気キャラだったキーパーの若島津は

キャプテン翼3

blog.fc2.comより

子犬を助けようとして重傷を負い入院

 

 

翼の盟友の岬太郎は妹をかばって

キャプテン翼7

blog.fd2.comより

左足に大怪我を負うも

キャプテン翼4

blog.fc2.comより

しかも妹は危篤状態に。

 

あまりにも多い交通事故

さらにはライバルの日向小次郎の

キャプテン翼2

twitter.comより

父親は交通事故にあい命を落とす。

 

キャプテン翼5

twitter.comより

スウェーデン代表のレヴィン選手の

フィアンセもトラックに撥ねられた。

 

オランダチームのキャプテンは

キャプテン翼8

twitter,comより

なんと30台以上の玉突き事故にあい

命を落とした。

 

キャプテン翼ライジングサンでも19話で交通事故が…

 

こんなに交通事故の多いスポーツ漫画は珍しい。

もはや翼のライバルは自動車!

と言っても過言ではない。

「バビル2世」を無料立ち読みでチェック

 

『キャプテン翼』の黒歴史 それただの反則! はコチラ



『キャプテン翼』の黒歴史1 それただの反則!

キャプテン翼2巻

amazon.jp

キャプテン翼 1974年

高橋陽一 週刊少年ジャンプ

 

スポーツ漫画のレジェンド

この漫画を見て

サッカーに憧れ

サッカーをはじめた人も多い名作

 

しかし

奇想天外なサッカーシーンが

やり過ぎで

反則行為になってしまった例が

少なからず登場する

 

奇天烈プレーさく裂

中でも代表的なのが

花輪中学の立花兄弟

その必殺シュートである

スカイラブハリケーン

阻止するために

翼が編み出した

最強ディフェンス作戦

キャプテン翼

blog.yahoo.jpより

なんと

あらかじめゴールポストの上に

ディフェンダーを登らせ

上空から襲ってくる

シュートを防ぐwww

 

それ反則なんですけど

当然だが

ゴールポストに登ることは反則

ゴール内に選手が一人

完全に入っている

ゴールライン上はOKだが

ゴール内はダメ

これも反則

 

高橋陽一先生は

ルールを知ってか知らずかは不明だが

「なんだこれは!」と

反響を呼んだ

迷シーンだ。

 

「キャプテン翼」を無料立ち読みでチェック

『キャプテン翼』の黒歴史2 真の敵は交通事故だった件



『ぼくらの』の黒歴史 アニメ監督のブログで大炎上


youtubeより

『ぼくらの』の黒歴史

『ぼくらの』原作:鬼頭莫宏

鬱アニメの代表作とされているが、

原作漫画はもっと鬱。

2007年から放送スタートした『ぼくらの』

bokurano.top

稀代の鬱マンガをアニメ化

月間IKKIで連載された作品のアニメ化。

舞台は近未来の日本、

謎の超技術で作られた巨大ロボットを操縦し

ごく普通の少年少女らが地球を守るために戦う物語。

 

このロボット乗ると必ず命を失う

パイロットになった子供らは

闘いに勝っても負けても絶命する。

 

そんな鬱設定が話題になり

高い評価を受けた作品でもある。

 

 

が、

この『ぼくらの』アニメ版では

非常に珍しい炎上騒動が巻き起こった

 

アニメの監督が原作を…

それは

 アニメ版の森田宏幸監督が

自信のブログに

私自身が原作を嫌いで、

アニメーション化にあたり、

ある意味

原作に悪意を持った改変を加えている

ことを認めます。

こう宣言しないと、

ブログ上に展開されている

いくつかの論点の矛盾が埋まらなくなると、

私も覚悟しました

(中略)

アニメーション版「ぼくらの」の監督は

原作が嫌いです。

今後、原作にある魅力が、

アニメーション版で展開されることは

期待できません。

だから、

原作ファンの方々は

今後、アニメーション版を

見ないでください。

これに対して、

原作のファンは過激に反応した

 

あまりの炎上に

さすがの監督も

謝罪コメントをブログに載せた。

 

謝罪はするものの…

bokurano.d

blog.gooより

原作のそのものが嫌いと言う言葉で

誤解を招いたので訂正します。

(中略)

原作ファンの皆さんには負けました。
私自身が原作を嫌いで、アニメーション化にあたり、ある意味原作に悪意を持った改変を加えていることを認めます。

(中略)

大幅な改変によって、原作をはっきりと否定していること、ここに明言しておきます。

と、それでも原作を改変すると宣言。

まるで開き直りで謝罪になっていない。

 

非常に珍しい

炎上騒動だった。

 

鬼頭莫宏『なるたる』エヴァ似セカイ系トラウマ漫画

 



YAWARAの黒歴史 モデルは谷亮子 違うだろ~!

YAWARA1

YAWARAより

 

YAWARAのモデルは誰?

1986年ビッグコミックスピリッツで連載がスタートした

YAWARAは天才的な柔道の才能を持つ主人公

猪熊柔(いのくまやわら)が

普通の女の子でいたいという願いに

揺れながら様々なライバルとの

闘いの中で成長する姿を描いた

yawara2

yawaraより

スポーツ漫画で

日本に女子柔道のブームを巻き起こした傑作

 

谷亮子なの

作品の主人公猪熊柔には

モデルになった実在の女子柔道選手がいた。

谷亮子

twitter.com

当時報道で「やわらちゃん」と取り上げられた

オリンピックで2度の金メダルを獲得

圧倒的な強さの名選手谷亮子

 

…と思われがちだが、それはメディアが

勝手に作り上げた話し。

 

実は原作者の浦沢直樹氏は

本当のモデルがいます!

と答えている。

 

YWARAの本当のモデル

1984年 第3回柔道世界選手権で日本女子として初優勝

1988年 ソウルオリンピックで第3位

そして今は

筑波大学体育系・大学院人間総合科学研究科教授

山口香さんだ。

山口香

blog.fc2.com

現役当時のニックネームは女姿三四郎

その活躍する姿をテレビで見た

浦沢直樹さんがモデルに女性の柔道選手の漫画を描いた

 

言われてみれば山口香選手の得意技の小内刈りは

漫画の描写とそっくりだ

 

福岡のやわらちゃんです

ところが…

のちに谷亮子選手が

「福岡のやわらちゃんです」と

冗談で発言

これを、なんと、あの

 

嘘の新聞の大誤報

なにかと物議をナニする

朝日新聞が大々的に取り上げ、

さらにはテレビ朝日はじめメディアが追随。

おかげで誤報は拡大し

アメリカの新聞まで

「人気柔道漫画のモデルになった」と報道

広まり方は従軍〇〇婦と似たような…

 

朝日の隠れた大誤報はここにもあったのだ

 

それが常識のように定着してしまい

(このあたりも従軍〇〇婦っぽい流れ)

そのため原作のファンからは異議でネットが炎上

「猪熊柔と谷亮子じゃルックスが違いすぎる」

ネット民の暴言は酷く、ちょっとこれ以上は引用できない。

 

yawara3

blog.fc2.com

 

YAWARAモデルが判明してスッキリ

とは言うものの谷亮子選手が冗談で言っただけ

例えばビートたけしがブラッドピットです

と言うのと同じ感覚。

谷亮子さんを責めるのはお門違い

 

モデルが山口香選手と分かった人だけでも

真実を知ったことで安心してください。

 

「YAWARA」を無料立ち読みでチェック

浦沢直樹先生の『20世紀少年』の最終回



『スラムダンク』の黒歴史 消された「フンフンディフェンス」

slumdunk.image

slamdunkより

1990年週刊少年ジャンプで連載がスタートした

「スラムダンク」主人公の不良高校生桜木花道

バスケットボールを通して仲間と成長していく姿を描いた

 

スポーツ漫画のメガヒット作品。

単行本の販売累計は1億7千万部を超え

今でもファンも多い。

 

スラムダンクの黒歴史

そんな人気作品だが

黒歴史と言わざるをえない

とんでも設定がある

桜木花道が最初に得た技

それがフンフンディフェンス

実は桜木花道が最初に習得したのが

この技で「フンフン」と叫びながら

相手の前に立ちはだかる。

そして素早い動きで

全てのコースをふさいでしまう

slamdunk_hunnhunn1

slamdunkより

あまりにも強引で現実離れしたディフェンス。

 

桜木花道の尋常でない身体能力が可能にする荒技で

あまりの高速移動に相手からは

まるで分身の術でも使っているかのように見える。

 

非常にインパクトが強く

知名度も高い技なのだが、

作中に登場したのはたったの2回だけだった。



 

序盤で消された荒技

単行本では5巻以降に

駆使することもなく

ストーリーの流れやキャラの設定から

完全に外れた黒歴史と化してしまった

slumdunk_hunnhunn2

slamdunkより

SLAMDUNKは徐々にシリアスな

バスケ漫画に路線を移し

特に三井寿

「バスケがしたいです」と発言。

それ以降は完全に

本格スポーツ漫画になってしまい

 

突拍子もリアリティもない

非現実的な

フンフンディフェンス

作風から浮き上がり

闇に葬り去られた。

 

作品の展開を考えると

後半に出てきちゃマズい荒技

それが桜木花道のオリジナル

「フンフンディフェンス」だった。

「スラムダンク」を無料立ち読みでチェック