ブラッククローバーを無料で読む!無料で観る!方法



出典元:shonenjump.com

少年ジャンプで連載中の大人気漫画の『ブラッククローバー』!

漫画大好きな私の中でも、『ブラッククローバー』はよくできた作品で、

アニメ化もされたオススメ漫画作品です♪

youtubeより

単行本は現在23巻まで発行されています。

そこで、今回は『ブラッククローバーを完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?』について。

無料読破の前に…『ブラッククローバー』の感想・見どころを紹介!

出典元:shonenjump.com

ブラッククローバー(アニメ作品)
【TV】4/7(火)放送 18:25~ テレビ東京
新オープニングテーマにSnow Manの新曲「Stories」が決定!

きになる
久々に面白い漫画に出会いました。
画も綺麗だし話も読みやすくて内容もわかりやすいんですけど謎めいている部分もあってすごくワクワクさせられます。
登場人物が多くて特に脇役の姿が多少似てるところがあったり最初の方で出てきた人がまた出てきたりするので誰でどんな人だったかわからなくなる時もありますが、読み返すとそういえばそうだったということがあり何度読んでも楽しい物語だなって思います。
話の中で仲間だけではなく敵とも仲良くなったりと友情が深まっていく姿は圧巻です。その他先輩との関係性や人との関わりによって様々な成長を遂げる姿なども見所の一つだと思います。
他の魔法漫画と違って多種多彩な魔法属性が出てくるのでそれも楽しみの一つですしツッコミどころも満載です。
マナやダンジョンなどマギに似ている部分(マギではルフなど名称は違うが)もあるのでそちらを読んでる方からすると賛否両論あるかと思いますが、その他の要素も盛り込まれているので、広い世代で楽しめると思います。

sp.comics.mecha.ccより

 

この世界では<魔力>が絶対的な力を持つ
だがこの主人公はその<魔力>が生まれたときより持ち合わせていなかった
だがこの主人公は自分の夢である国一番の最強の魔法帝になるため、努力を重ね成長し祖国に害をなすものたちを倒して夢を叶えようする物語である
おれはこれはジャンプでも大人気だった漫画NARUTOの後継者みたいな漫画だと思っている

sp.comics.mecha.ccより

 

最初はアスタとユノって仲が良くないのかと思ってたけど、と言うかユノがアスタを見下しているのかと思っていたけど、ユノもちゃんとアスタの気持ちに向き合って、お互い認めあった幼馴染みのライバルってことが分かって、一安心。
アスタの諦めない強い気持ちが、もうそれだけで魔法な感じ。
そして、周りもそれに引っ張られて良くなっていくから、読んでて前向きになれます。

sp.comics.mecha.ccより

 

『ブラッククローバー』は無料の漫画村っぽいサイトやzip、rarで全ページ読むことはできるの?

『ブラッククローバー』を完全無料で読む方法!

と、言われましても、一体どうやって完全無料で読むのか、いまいちイメージできませんよね……。

 

そこで、もしかしたら、

漫画村っぽいサイト」や「zip」「rar」といった違法サイトを使用して、読むんじゃないか?

と思われてしまっているかもしれませんが、実は、「漫画村っぽいサイト」や「zip」「rar」を利用する方法ではないんですね。

 

と、いうよりも、「漫画村っぽいサイト」や「zip」「rar」は、利用したくても、現在ほとんど利用することができない状態なんですよ。

なぜなら…..

『ブラッククローバー』を無料読破の神様・漫画村で読めない理由

『ブラッククローバー』を「漫画村っぽいサイト」で読めない理由…..

 

漫画村は、その圧倒的違法性から、ネット上で大きく話題になっていたり、国がかりでコテンパンにされたりと、2018年4月11日には、もう跡形もなく消え去ってしまったわけなんですよ。。。

 

……まぁ、そもそも漫画は、無料で読むものではなくて、お金を出して読むものですからね^^;

とはいいましても、今回ご紹介する方法は、『ブラッククローバー』を完全無料で読めてしまう方法なんですけどね(笑)

 

もちろん、圧倒的すぎるほど合法ですので、ご安心を(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

あっ、そこで、

なんで、zipやrarではブラッククローバーを無料で読むことができないねん!!!

と思われてらっしゃる方もおられると思いますので、「zip」や「rar」の現在の姿について少しご紹介させていただきます^^

『ブラッククローバー』を違法性抜群のzipやrarで読めない理由

『ブラッククローバー』を「zip」や「rar」で読めない理由…..

 

それは、「zip」や「rar」の機能性が低レベルすぎるからです((((;゚Д゚)))))))

どういうことかと言いますと、まず、そもそもとして、スマートフォンでは、「zip」や「rar」って読むことできないんですね。

 

………にゃにゃにゃんと!(´⊙ω⊙`)

といった感じですよね。(笑)

 

そこで、なぜ「zip」や「rar」では、『タイトル巻数』を無料で読むことができないのかといいますと、

「zip」や「rar」は圧縮されているファイルだから解凍しなくてはいけない

スマホには、解凍ソフトが入っていない

という究極の2つの条件が揃ってしまったからです。

ですので単純に、「zip」や「rar」では、『ブラッククローバー』を絶対に無料で読むことができない、というわけですね。

 

ということで、『ブラッククローバー』は、

「漫画村っぽいサイト」や「zip」「rar」といった“日本を代表する大手違法サイト”で、現在では、無料・有料問わず、読破することができないということになります。

 

電子書籍・漫画好きからしたら、悲しい現実ですよね…….。。゚(゚´ω`゚)゚。(笑)

 

しかし、安心してください。

『ブラッククローバー』を完全無料で読む方法は現在になっても普通に存在するので。

ということで、早速その方法について、ご紹介していきますね♪

『ブラッククローバー』を完全無料で読むことは簡単

実は、『ブラッククローバー』を完全無料で読むことは簡単なんです。

それは…….国内最大級の電子書籍・動画配信サービスであり、

アニメ映画ドラマの新作・旧作合わせて、14万作品

さらに、今回のメインである、電子書籍計33万冊という超膨大な作品が配信されている、

 

……..

 

……………………..

 

『U-NEXT』

というサイトを利用するだけです。

。。。。。。

。。。。。。。。。。だけ?(´⊙ω⊙`)

 

って、思いますが、実は『ブラッククローバー』を完全無料で読む方法というのは、ただ『U-NEXT』のアカウントを30秒ほどの作業で取得して、アクセスするだけなんですよ。

出典元:U-NEXT

アクセスすることさえできれば、『ブラッククローバー』を完全無料で読むことは余裕にできてしまいますし

言ってしまえば、今から1分後から、『ブラッククローバー』を“0円”で読み始めることも可能なんですね。

 

そこで、

「でも、アカウントを取得したり、サービスを利用するには、お金がかかるんじゃないの?」

と、よく思われがちなことなのですが、そのご心配は無用です。

 

なぜなら………

『U-NEXT』では、現在、

 

31日間無料キャンペーン

無料登録時に600円分のポイントがもらえる

 

という、とんでもないビックサービスを行っているからですね。

本来ありえませんが(笑)

しかし、そこが国内最大級のサービスの実力なのでしょうね。

 

そこで上記2のサービスについて、もう少し詳しく解説させていただきますと、『31日間無料キャンペーン』では、30秒ほどで出来てしまう簡単なアカウント作成後、

本サービスと同じように、アニメ・映画・ドラマ等、14万作品以上電子書籍33万冊以上の中から、好きな作品を楽しむことができるんですよ。

しかも、31日間どれだけ楽しんでも、無料キャンペーン期間中に解約してしまえば、料金は、100%の確率で、“0円”です。

 

…….

 

…………………..

もう、意味分からんくらいのサービス内容ですよね。。。

 

続いて、2つの、

無料登録時に600円分のポイントがもらえる』ということについて、解説させていただきますと、

単純に、無料登録したら600円分のポイントをもらえる、という、とんでもないサービスです。(笑)

解約するしない関係なしに、登録したら、無条件ですぐに『U-NEXT』内で使用できる600円分のポイントをもらうことができるんですよ。

もう、ここまでくると完全にボランティア活動です^^;

 

そのため現在では、『ブラッククローバー』などの電子書籍、その他、アニメや映画、ドラマを一体期間楽しみたい方は、ほとんどの場合、『U-NEXT』を利用しているみたいですね。

ちなみにアニメに至っては、もうほとんどの日本アニメが配信されているのにも関わらず、完全無料で楽しむことができますので、非常におすすめです。

出典元:U-NEXT

ですので、『ブラッククローバー』を読み終わった後は、アニメを満喫するのも一つの手ですね♪

※作品は、とんでもないほどありますが、上記のような王道作品も全て無料です。半端ないです。

 

それでは、今から1分後に、『ブラッククローバー』を完全無料で全ページ読み始めたい、という方はぜひ試してみてください♪



コメント