『ギャンブラーズパレード』ネタバレひどい 博打物は打ち切りが宿命



(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

原作:小高和剛 漫画:中山敦支

2018年10月~

週刊少年マガジン 全4巻

“不運体質”の女子高生「東雲花梨」、
ギャンブルを心底憎み正義を愛する高校教師「蜘蛛手渚」。
怪しいギャンブラーどもが生息するトバク島を舞台に展開する
世直しギャンブルバトル漫画!!!

「ギャンブルでギャンブラーを殺す!!」
“不運体質”の女子高生・東雲花梨と
“ギャンブル嫌い”の男性教師・蜘蛛手渚が、
海千山千のギャンブラーが巣食うトバク島でテッペンを目指す、
世直しギャンブルバトル!!!花梨はスラッシュ率いる“キングゼブラ”に拉致され、
“酸素奪い合いルーレット”での賭けの対象となってしまう。
やる気もなく序盤から負け続けるスラッシュだったが、
その刺激で”真読のスラッシュ”が覚醒!!
相手の“出目”が読めるスラッシュを相手に、
蜘蛛手はどう立ち向かうのか!!
花梨の命運は!!
“酸素奪い合いルーレット”の勝敗が決する!!!
出典元:講談社コミックプラスより

あらすじ

舞台は日本のとある島、
物語りはここから始まるのです。

女子高生の「東雲花梨」

転校初日から遅刻で学校に急ぐ。

超ド級の不運体質の花梨、
彼女の身には次から次へと
不運なことばかりが起きてしまいます。

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

結局、花梨は転校初日から不運続きで完璧に遅刻する。

担任の先生からは、
次からは軽く注意されるくらいで済んだのですが、

去り際に先生が花梨に忠告を1つしたのでした。

 

「土地柄か
この学校ではギャンブルが流行っているが
校内でのギャンブルは校則違反で…」

 

と担任の先生は説明している途中でしたが、
花梨はすぐに
自分はギャンブルはやらないと、口を挟みます。

花梨は遅刻したせいで学校はもう昼休み。
購買を探す花梨は女生徒にぶつかってしまいました。

明らかにぶつかられたように見えますが…

彼女の服は濡れてしまい、
平身低頭謝る花梨をその女生徒は優しく許しました。

さらに彼女は学校を案内してくれるのでした。

 

こうして2人で校内を回ります、

そして花梨が連れてこられた場所は…。

そこはヤンキーたちの巣窟だったのです。

そこにいたボスのようなの男は花梨に
「オレらと一緒にギャンブルして遊ぼうぜ」
と脅すのです。
花梨は自分が騙された事に気付きくのでした。

 

ゲームはコインを使った単純なゲームですが、
驚いたのはそのレートの高さ。

コイン1枚1万円の価値があり、
お互い10枚ずつ保持それを奪い合う。

用意されたのは4つのカップ。

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

そこには1~と書かれている、
交互にコインを隠しそれを当てるというゲーム。

親が1つのカップの中にコインを隠し、
子がそれを当てる。

当てればそのカップに書いてあるレートのコインを貰える。
逆に外せばそのレート分のコインを支払う
というルール。

どカップにコインを入れるのか心理戦。

花梨はこんなゲームには無縁なのか、
さっぱり訳が分からないままゲームが始まったのです。

そして結果は当然、見事なハズレ…

 

いきなり3万円負けた花梨。
確実に劣勢のままゲームが進みが、
男がハンデなのか自分の目に黒い布を覆い
視界を塞いだのです。

 

だが、花梨がコインを入れたカップを当てられ
しかもそのカップは☓4のカップ…。

 

これで7枚のコインを失ってしまった花梨。

もう勝ち目が無いと諦めかけた時、
背後で物凄い爆発が!!

 

そこに現れたのは担任の「蜘蛛手渚」

追い詰められた花梨の代わりに、
ギャンブルの代行を引き受ける蜘蛛手はさらにレートを上げたのでした。

コイン1枚が10万円

負ければ先生が全て負担し、
もし勝てば「二度とギャンブルには手を出すな」
と忠告します。

賭博部

花梨の不運はどうなるのか?
博才は開花するのか?
ギャンブル撲滅は達成されるのか?

そして明かされる花梨と蜘蛛手の関係とは…。

ギャンブラーズパレード 感想・レビュー

  • hannahhannah

    「ダンガンロンパ」の小高和剛と「ねじまきカギュー」の中山敦支が組んだギャンブル漫画。ギャンブラー嫌いの教師がギャンブラーたちと勝負を繰り広げる。この手の最高峰である「嘘食い」を読んでいるせいか、心理戦があまり奥深くなく感じる。進行も妙にのんびりしている。とりあえず今後に期待。

    2019/01/21

  • allite510@Lamb & Wool

    「醜いギャンブラーどもは皆殺し!」カジノ法(IR?なにそれ)施行云々のタイミングでこれを出すことには意気を感じるが、皆殺しはどうなのか。心理戦も今一つ。それでも中山敦支のカロリーの高い絵の快楽だけで読み進められてしまうのも困ったことだ。いっときの消費で終わらない作品を描ける人だと思うのだが。版元さん、何卒。

  • 苑田 謙

    退屈をもてあます悪役キャラは中山作品ではおなじみで、既視感がありすぎ、正直3話あたりでこっちが退屈した。

    2019/01/22

  • 紫雲寺 篝

    カジノ法案成立に伴い東京湾に建設された人工島、通称「トバク島」。島が丸ごとカジノのこの島に転校してきた少女東雲花梨は、持ち前の不幸体質を発揮しいきなり不良に絡まれ、ギャンブルであれよあれよと負けてしまう。その逆境に現れたのは教師の蜘蛛手渚だった。蜘蛛手は花梨を助けたかに見えたが……!?作画中山敦支のギャンブル漫画。ストーリーが面白いかは別として、作画と原作で分かれている分中山敦支の絵でも何が起こってるかわかりやすいかな、とは思う。ギャンブルはまだほとんどやっていないし、序盤にしては意表は突かれなかったな。

    2019/11/04

  • キャベツ山さとし

    ん~、面白くない。というか『嘘喰い』と比べざるを得ないのでレベルの違いを感じてしまう。早く終わって中山敦支を解放してくれ。

まとめ

ギャンブラーを排除するためにギャンブルをする
“ピンクスパイダー”へと所属することなった
不幸体質の花梨はギャンブル漬けの生活に

ギャンブラーたちの異様さ、
その狂気を見事に描いた画風が
印象に残る作品です。

ギャンブル撲滅のためのギャンブルバトルなのに
連載が撲滅されるとは…
花梨より不運なギャンブラーズパレードなのです。

 

ギャンブラーズパレードを無料で読むオススメのアプリ 

よく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、

オススメはVODアプリの『U-NEXT』です。

31日間の無料トライアルを利用すれば

無料で漫画を読める他にアニメやドラマなどを観ることができます。

動画配信サービスとして有名なU-NEXT。

じつはU-NEXTの月額料金(税込2,189円)で

ギャンブラーズパレードをはじめ

漫画なら22万冊も楽しむことができるのです。

 

ドラマや映画、アニメも見放題のU-NEXT

31日間は無料で利用できて絶対オススメです!

課金までに退会すれば完全無料で読み放題かも。

 

⇒U-NEXTを無料でインストール



他の漫画が読める動画配信サービスを比較してみる

 

 

コメント